ダーツ ボード ダーツレビュー 家でダーツ

ダーツライブ200sの良かった点・悪かった点を網羅的に解説!

こんにちは、ちゃーりーです。

今回は、今大人気のダーツライブ200sについてレビューをしていきたいと思います。

数々のダーツボードを使ってきましたが、このダーツライブ200sはかなり優秀です。

三年間使用し続けてきたので、使ってみた体験談も交えながらダーツライブ200sを家に設置するメリット・デメリットについて解説します!

ダーツライブ200sの基本的な情報

引用:ダーツハイブ公式ページ

ダーツライブ200sは、DARTSLIVE(ダーツライブ)シリーズの家庭向けに作られたダーツボードです。

ダーツライブシリーズは非常に多くのお店に置いてあり、家庭でもダーツバーにいるかのような本格的なプレーができます。

✔︎公式が出しているダーツライブ200sの強み

  • 高い静音性&刺さりやすさを実現
  • あなたのスマホに、DARTSLIVEシステムを搭載
  • DARTSLIVEレーティングを算出
  • DARTSLIVE2のグラフィック&サウンドを再現
  • オリジナル新ゲームを搭載

ダーツライブ200s商品紹介(ダーツハイブ)

タイプ ソフトボード(15.5インチ)
サイズ W570.6mm×H530mm×D41.5mm
重量 3.68kg
メーカー ダーツライブ
コスト 公式は24800円(税抜)

ダーツライブ200sの総合評価

ダーツライブ200sの総合評価:★★★★☆

結論から言えば、かなりおすすめです。

性能の総合評価 ★★★★☆
操作性 ★★★★★
静音性 ★★★☆☆
耐久性 ★★★★☆
機能性 ★★★★★
カスタマイズ性 ★★★★☆
オンライン対戦機能 あり
ゲームの種類 豊富
コスパ かなり良い

✔︎ダーツライブ200sの良いところ

ちゃーりー
ちゃーりー
アプリと連動して使用するのですが、かなり使いやすいです!ゲームの種類も豊富で、投げ心地も良いので家庭用ダーツボードとして家に置くなら非常におすすめです。

✔︎ダーツライブ200sの気になったところ

ちゃーりー
ちゃーりー
音がやっぱり少ししますね…あと公式のサポートがちょっと薄いかも…?

最近ではオンライン対戦機能も実装されるというところで、一気に価値が高まっています。

買うべきか迷っている方は購入するのが良いと思います(個人的な意見です)

ただ、人によっては合わない場合があるので、そこを深掘りして見ていきましょう。

一応僕のYoutubeチャンネルでもレビューしているので、動画で見たい方はぜひ♪

実際に自宅にダーツライブ200sを設置してみた

現在僕が使用しているダーツライブ200s

自宅に設置したダーツライブ200sです。

ほとんどのダーツスタンドと互換性があり、自分はブリッツァーダーツスタンドとトリニダードマルチスタンドに使用しています。

ちゃーりー
ちゃーりー
ちょっと重かったのと、かけた後は電池が少し入れづらい位置にあったと感じました。

ダーツライブ200sはとにかく使いやすい

こちらはタブレットや携帯につなげてプレーするのですが、とても使いやすいです。

タッチスクリーン操作が早い

一度Bluetoothで繋いでアプリを起動すれば、2秒でダーツを投げる準備ができます。

また、ゲームを選択するときにタッチスクリーンを使えば、かなり早く目的のゲームにたどり着けます。

ボタン操作が楽

2つのボタンを使ってそのままゲームを開始することができます。

また、お店にあるダーツライブと同じ操作ができるので、かなりユーザーフレンドリーです。

電池でもUSBケーブルでも動く

電気を使うタイプのダーツボードは、設置場所によってはコンセントが使いづらいところもあります。

こちらは電池とUSBケーブル両方が使えるので、ご家庭に合わせた電源供給ができるので良いですね。

電池は使う頻度にもよりますが、結構長持ちします。

ダーツライブ200sの静音性はあまりよくない

実際にブル、シングル、ダブル、トリプル、アウトボードに軽いダーツと重いダーツで投げて平均を取ってみたところ、以下のデータが出ました。

ちなみに僕の使用した騒音計だと何もない場所で30デシベル、普通の話し声で70デシベルくらいです。

ダーツライブ200sは静音加工されてはいますが、やはり家によっては厳しいと思います。

パチンという少し高めの音で、音量もあるからです。

感覚としては、アパートなどでは夜の使用は不可くらいです。

ただ、ダーツボード内部やスタンドを工夫することで、音を抑えることは可能だと思います。

ダーツライブ200sの耐久性は普通くらい

3年ほど使用し、少しずつセグメント(ダーツボードのパーツ)の白いパーツが欠けていきました。

2年半にはブルの周りがかなり消耗し、刺さらない状態になってしまいました。

結構もった方だとは思います。

ダーツライブ200sは実はカスタマイズ性高い?

こちらのセグメントなのですが、メーカーに依頼して交換すると17800円かかります。

正直かなり高いので、メーカー保証は無くなりますが、自分でセグメントを交換することにしました。

ちゃーりー
ちゃーりー
意外とカスタマイズ性高いな…

ダーツライブ200sの刺さりやすさ、投げ心地について

いろいろな角度や速度でダーツの矢をダーツライブ200sに向かって投げましたが、かなり刺さりやすかったです。

刺さりやすさと投げ心地はかなり良いです。

ダーツライブ200sのゲームの種類はかなり豊富

通常のダーツライブ2とほぼ同じで、01(ゼロワン)、CRICKET(クリケット)、PRACTICE(プラクティス)は一通り揃っています。

違う点としては、パーティーゲームがなく、代わりにチャレンジやロボ対戦などの練習ゲームがかなり充実している点です。

また、今後ダーツライブ公式がオンライン対戦機能を発表したので、通信対戦が可能になります。

ちゃーりー
ちゃーりー
このことから、ゲームの充実度はかなり高いと言えます。

ダーツライブ200sを良い点、メリット

結論から言えば、かなり満足しています。

ダーツライブマシンと同じエフェクト、サウンド

ダーツをやっている方なら誰しもが一度は見たことがあるであろうDARTSLIVE(ダーツライブ)マシン。

自分もかなりプレーしていたのでかなり親近感があります。

ちゃーりー
ちゃーりー
ダーツライブマシンと全く同じ色合い、音、画面で遊ぶことができるので、かなりテンションが上がります。

レーティング機能があって、自分のレベルが分かる

ダーツをやる醍醐味の一つは、自分の成長を実感すること。

ダーツライブ200sではグラフやデータで細かく自分のレーティング(レベル)をダーツライブと同じ形で出してくれます。

練習ゲームが充実していて、家で長く投げれる

通常の電子機能のついていないダーツボードだと、結構投げ飽きることがあります。

しかし、かなりタメになる練習のゲームがたくさんあるので、ダーツライブ200sはメリハリのある練習ができます。

アプリが使いやすい

メニューがシンプルで、初めて使う方でも直感で操作しやすいです。

やはり使いやすさは抜群です。

ダーツライブ200sの悪い点、デメリット

ここでダーツライブ200sの気になった点についてお話したいと思います。

たまにアプリの不具合がある

メニューを選択した時にアプリが落ちたりすることがありました(改善済)

刺さった位置と反応した位置が違う不具合がある、という声も聞きます。

こちらは説明書を読んで機器認証すれば問題解決はすると思います。

公式サポートが微妙

ダーツライブ200sのセグメント交換が高いのと、アップデートが少ないという点が少し気になりました。

とは言え、セグメント交換はそんなに難しくないですし、オンライン対戦という大きなアップデートがあるのであまり気になりません。

他にダーツライブ200sを購入した人のレビュー

現在、ダーツボードはダーツハイブ、ティトショップ、マキシム、S-darts、アマゾン、楽天などで購入することができます。

いくつか買った人のレビューを見てみると、

★★★★★

お店でやっているようで、とても練習になります
ロボ対戦がとても便利で、一人でも楽しく練習することができ、とても購入してよかったと思います!

★★★★

機能には満足していますが、なぜかインナーシングルの白のセグメントのみよく割れます。

★★★★★

前からずっと欲しかったのですが、やっと買いました。
超満足です。

ダーツハイブ公式より引用

といった声があり、非常に満足度は高いようです。

他のダーツボードと比較

ここまででダーツライブ200sについてだいぶ解説しましたが、「じゃあ他のダーツボードと比べるとどうなの?」と気になる方向けに他のダーツボードレビュー記事をまとめました。

【保存版】家庭用ソフトダーツボード20個まとめ

家庭用ダーツボードNEXUS(ネクサス)レビュー!【オススメ】

最も静音性が高いDARTSLIVE-ZEROBOARD(ダーツライブゼロボード)を3年使ったレビュー!

参考にして頂けたら嬉しいです。

ダーツライブ200sは買い?こんな人におすすめ

まず、機能面は素晴らしいと思います。

ただ、静音性がやや低めなので、人によっては家に置けません(カスタマイズするなら別)

そして、値段が24800円ですが、ここまでの機能、パフォーマンスなら妥当だと思います。

同じ価格帯のグランボード3と迷う方もいると思いますが、お店のダーツライブと同じ環境で投げたい方はこちらを選ぶべきだと思いました。

価格や性能などを考慮しても、初心者〜プロ、歴関係なく幅広い人が満足できるダーツボードだと思います。

ダーツライブ200sはどこで買える?

ダーツライブ200sは現在、こちらで販売されています。

ちゃーりー
ちゃーりー
家でダーツライブ200sを設置できたら、ぜひ僕と対戦しましょう笑

-ダーツ ボード, ダーツレビュー, 家でダーツ

© 2020 Darts Atlas(ダーツアトラス) Powered by AFFINGER5