ダーツレビュー フライト

話題のCuesoul(キューソール)TERO FLIGHT(テロフライト)レビュー!

こんにちは、ちゃーりーです。

突然ですが、みなさんはCUESOUL(キューソール、キューソル)というダーツブランドをご存知でしょうか?

最近、日本のダーツ業界で注目を浴びている中国のダーツ・ビリヤード用品を取り扱うメーカーです。

キューソールのTERO FLIGHT(テロフライト)がとても特徴的で、なんと、バネが内蔵されているのです。

今回は数多のフライトを試した僕、ちゃーりーがキューソールのテロフライトとテロシャフトを実際に使ってみたレビューをしたいと思います!

CUESOUL(キューソール)とは?

https://www.facebook.com/cuesouldarts/より

CUESOUL(キューソール)ってそもそも何?という方向けに簡単に解説をさせていただきます。

キューソールはダーツとビリヤード用品を販売する中国のメーカーです。

主にAmazon(アマゾン)、公式HPで販売をしており、その安さと品質から一目置かれているブランドとなっています。

アマゾンでの販売数が特に多く、レビューの評価も高めです。

CUESOUL(キューソール)公式HP

CUESOUL(キューソール)と契約しているダーツプロ選手

また、現在は日本のプロダーツ団体PERFECT(パーフェクト)、JAPAN(ジャパン)両方のオフィシャルメインスポンサーです。

2019年より選手のスポンサードを始め、契約しているダーツプロの中にはかなり有名な選手も。

現在キューソールと契約しているプロダーツプレイヤーは、

PERFECT(パーフェクト)
  • 上林 樹生 (カンバヤシ ミキオ)
  • 山本 乃輝 (ヤマモト ダイキ)
  • 長谷部 巧 (ハセベ タクミ)
  • 山持 陽 (ヤマジ アキラ)
JAPAN(ジャパン)

日本が誇るコーラーである小野寺漢さん、海外の有名プロダーツプレイヤーのローレンスイラガンさんも契約されています。

両団体のオフィシャルメインスポンサーとして、今後も増えていく契約選手にも期待です!

CUESOUL(キューソール)が扱っているダーツ用品

キューソールのメインはフライトであり、バネが特徴的なTERO FLIGHT(テロフライト)、一体型のROST FLIGHT(ロストフライト)という商品があります。

他にもシャフト、バレル、チップ、ケースなどのダーツ用品を販売しています。

今後、オリジナルユニフォームの展開、新ダーツマシンのリリースなど非常に活発に動いているメーカーで、目が離せません。

キューソールのTERO FLIGHT(テロフライト)

今回はCUESOUL(キューソール)の代表的なフライトであるTERO FLIGHT(テロフライト)を使ってダーツをしてみました!

TERO FLIGHT(テロフライト)の形状とカラー展開はこちら。

キューソル公式HPより

形状 スタンダード、ダイヤ、スリム、カイト、シールド
カラー アイス、白、黒、赤、黄、緑、青、ピンク

TERO SHAFT(テロシャフト)の形状とカラーはこちら。

cuesoul公式HPより

長さ A(25mm)、B(32mm)、C(34mm)、D(37mm)、E(40mm)、F(43.5mm)、G(47mm)、H(53mm)
カラー アイス、白、黒、赤、黄、緑、青

こうしてみると結構種類はあってカスタマイズ性は十分にありますね。

テロフライトを実際に使ってみた感想

今回僕が使用したCUESOUL(キューソール)のTERO FLIGHT(テロフライト)、そしてTERO SHAFT(テロシャフト)はこちらです。

まず、パッケージから!

テロフライトのパッケージはオレンジとクリアがデザインベースのプラスチックケースの中に梱包されていました。

テロシャフトの方は白と黄色のパッケージデザインで、グニグニした不思議な触感のパッケージでした。

値段は?

値段はシャフトが4個入りで1100円、フライト(柄無し)が3個入りで880円、フライト(柄あり)が3個入りで1100円と価格帯は少し高めです。

シャフトは4つ入っていて予備として使えるのでコスパは良いですね。

今回自分が使ってみたセッティング

僕が使ったのはTERO FLIGHT(テロフライト)のスタンダードにTERO SHAFT(テロシャフト)のサイズD。

セッティングしたバレルは、前回のTitoショップ巡りで手に入れたTrinidadのMedel。

こんな感じになりました。

めっちゃかっこいいですね!

フライトは薄めで硬い印象で、不思議な手触りの材質でした。

フライトを押すと前後に動き、今までにないすごく面白いフライトだと思いました。

気になる!キューソールのバネの役割とは?

キューソールのテロフライトで一番気になるのは、やはりバネ。

「このバネってどんな効果があるの?」と気になる方向けに僕自身が感じたバネのメリットをお伝えしたいと思います!

①ダーツ同士がぶつかった時に避けてくれる

これまでのダーツフライトは回転、溝、材質などでダーツ同士のぶつかった衝撃を逃がす構造でした。

このテロフライトの構造もまた、ダーツ同士がぶつかった時にフライトが一瞬引っ込むことで軽減しているようです。

正直な所、ダーツの先とフライトががっつりぶつからないと分からず、目視で引っ込む瞬間を目にすることはまだないので、またその瞬間を見れたら報告します。

②フライトとシャフトを抜けにくくする

一度バネを外して差し込んでみた所、ガタガタ揺れ、外れやすくなってしまいました。

その為、このバネにはフライトとシャフトをしっかり固定する役割があることを実感しました。

③フライトダメージを減らす

ダーツが盤面から弾かれて落ち、フライトが地面に当たった時にバネが衝撃を吸収します。

その為、ダーツが刺さり辛く、たくさん落とす人でもフライトが長持ちしやすいです。

個人的に感じた一番大きなメリットがこのバネによる衝撃吸収です。

テロフライトを使うメリット

こちらでは実際にキューソールのテロフライト・テロシャフトを使って感じたメリットをご紹介します!

シャフトの多角形カットがグリップを支える

シャフトのバレル結合部分の近くが多角形デザインになっていて、渋い感じになっています。

バレルの後ろ部分を持たれる方も違和感なくグリップできそうなのがまた良いですね。

飛ばしやすい

フライトの厚みも硬さもしっくりきて、ダーツがとても飛ばしやすかったです。

シャフト自体もかなりしっかりしていて、ダーツとの一体感を感じられるとても良いアイテムだと思いました。

グルーピングが良い

スピンタイプでバレル同士がぶつかった時に避けてくれるという大きな恩恵があります。

また、バネによるぶつかった時に避けてくれる構造もグルーピングに役立っています。

ガタつかない

スピンタイプだけど、ガタつかない。

結構普通のスピンタイプのフライトとシャフトだと持った時にカタカタ揺れたりして気が散ることがあるのですが、それが全くありませんでした。

しっかり固定されていて、ダーツ同士がぶつかる時は避けてくれるちょうどいいスピン具合でした。

全然抜けない

フライトとシャフトのホールドがとても強く、全く抜ける気配がありません。

フライトを実際に抜こうとしても少し力を入れないと抜けないくらいです。

かなりストレスフリーにダーツを投げることができます。

頑丈

1週間ほど毎日5時間投げ込んでみたところ、こんな感じになりました。

フライトがへたったり裂けたりすることはなく、とても頑丈です。

どちらかというと削れるという感じですね。

テロフライトが使えなくなるまで使ってみた結果

調子が悪く、刺さり辛い状態で10日投げ込んだ結果、シャフトが折れてしまいました。

1週間使い続けたテロフライトを4回抜いたり刺したりした結果、かなり取れやすくなってしまいました。

基本的にどのフライト・シャフトも着脱はしないようにしましょう

テロフライトはどんな人向け?

個人的には

  • ダーツを結構押して投げる人
  • ダーツをかなり後めに持つ人
  • 矢速がそんなに速くない人
  • ガタつかないスピンタイプが好きな人
  • 人と被らないモノを使いたい人
  • フライト抜けが嫌な人
  • 初心者~上級者

という人にオススメです。

どこでテロフライトを買えるのか

キューソールのテロフライトは現在ダーツショップで販売されている様子はありません。

現在はダーツのビッグトーナメントの会場のブース、Amazon、公式HPで購入することができます。

ちなみに自分はトーナメント会場のブースで手に入れました。

Amazonで調べてもちょこちょこ出てくるので、こちらにリンクを貼っておきます。

まとめ

レビュー中にTON80が出ました(笑)

キューソールのテロフライト、いかがでしたでしょうか。

バネが内蔵されているフライトはこれまでなく、かなり斬新なフライトだと思いました。

独特な機構を持つ非常に面白いアイテムです。

スピン性能とバネ性能の両方でグルーピング力を底上げしてくれるので、個人的には一度ぜひ試していただきたいフライトです。

-ダーツレビュー, フライト

© 2020 Darts Atlas(ダーツアトラス) Powered by AFFINGER5